すこやかインプラント生活【2019年山形版】 » インプラントとは?山形のみんなに知って欲しい歯とインプラントの基礎知識 » インプラントと金属アレルギーについて

インプラントと金属アレルギーについて

インプラントで金属アレルギーは起こるの?

インプラント治療は歯肉を切開し、小さなネジのような物を顎の骨の中に埋め込みます。金属アレルギーが起きないのか、という不安を感じる人もいるでしょう。結論から言えば、インプラントで金属アレルギーはほぼ起きません。

金属アレルギーは、身体に触れていた金属が汗などの体液によってイオン化してしまい、イオン化した金属が皮膚や粘膜に溶け込んで免疫細胞を刺激してしまうものです。金属アレルギーを予防するためには、汗や体液でイオン化しない素材を使う点が大切です。

インプラント治療をはじめとする歯科治療で使用されている金属は、金属アレルギーを起こさないように配慮されたチタンなどです。汗や体液でイオン化しないように設計されているため、インプラント治療で金属アレルギーが起きるのは非常に稀といえます。

インプラントに使われる素材について

インプラント治療は70年を超える歴史を持つ、昔から存在する方法です。インプラント治療と向き合ってきた歴史の中で、医療用の純チタンが最も金属アレルギーを引き起こしにくい素材の一つとして、多く採用されてきました。医療用チタンは金属イオンが溶けださないという性質を持っているため、アレルギーのリスクは低く、健康的なインプラント治療を実施できます。

ちなみに医療用チタンは歯科用だけではなく、人工関節やペースメーカーなど幅広く医療現場で採用されているほど、健康面での信頼性が高い素材です。

また、医療用チタンの他にもセラミック・ジルコニア・ハイブリッドセラミックなどの素材がインプラント治療に用いられることがあります。「メタルフリー治療」と呼ばれる治療方法により、金属アレルギーのリスクを防ぐことができます。

金属アレルギーのリスクはもちろん、審美性の側面でも優れた素材を選ぶことも重要です。また、医療用チタンは金属アレルギーのリスクが低いとは言っても、アレルギーの起きる可能性が0%というわけではありません。チタンアレルギーを持つ人もまれにですが存在します。ただ、チタン製とされていても、全てがチタン製ではなく他の金属が混ざっているというケースもありうるのに注意が必要です。多くのインプラントメーカーでは配慮されていますが、あまり治療実績のないインプラントや相場から格安すぎるインプラントは理由を確認しておきましょう。

インプラント体の素材や製造メーカーについては、担当する歯科医とよく話し合って決めてください。

なりさわ歯科
クリニック
1本あたりの金額
268,000円~
公式
サイト

tel:023-688-8217

青山
歯科医院
1本あたりの金額
300,000円~
公式
サイト

tel:023-612-0814

江良
歯科医院
1本あたりの金額
315,000円~
公式
サイト

tel:023-642-1184