すこやかインプラント生活【2019年山形版】 » インプラントとは?山形のみんなに知って欲しい歯とインプラントの基礎知識 » インプラントメーカーの選び方

インプラントメーカーの選び方

インプラントメーカーで選ぶ理由

現在、インプラント治療に使われているインプラント体は海外・国内問わず各メーカーから様々な種類の物が販売されています。性質や費用など、インプラントメーカーでインプラント体を選ぶ理由はさまざまです。

実際にインプラント治療をすると決めたらどのメーカー製のインプラント体を治療に使うか、メリットや特徴を押さえて選ぶのがおすすめといえます。

メーカーの知名度が安全性を語る

インプラント治療は現在、世界中で行われています。日本だけなく、世界中のあらゆるメーカーからインプラント体が販売されており、現在その数は100種類をも超えるほどです。日本国内でさえ、30種類以上ものインプラントが使われているとされています。

種類が多く存在するということは、古くから活動していて有名なメーカーもあれば、まだ新興で無名のメーカーもあるということを表します。メーカーの知名度は、インプラントメーカーとしての質の高さに関わるものです。

質の高いインプラントメーカーは、世界中で使われて知名度を高めていきます。名前が知られているというのことは、それだけ採用実績があるということです。インプラント体を選ぶ時に、有名で知名度の高いインプラントメーカーを選ぶ理由は不安要素を少しでも取り除いて治療に臨めるからといえます。

普及したインプラントは歯科医にもメリットがある

インプラント体はそれぞれのメーカーごとに形状や設計、特徴が異なります。そのため数多くの症例を経験してきたドクターであっても、使い慣れていないインプラント体だと思うようにインプラント治療ができない可能性も少なからずあるのです。

世界中に普及しているインプラントメーカーを選ぶのは、治療を実際に行う歯科医師が技術力を最大限に活かしやすいという点も持っています。マイナーなメーカーよりも有名なメーカーのインプラント体の方が、歯科医も治療に慣れているため、スムーズで安全度の高いインプラント治療が行える訳です。

世界中に普及しているか否かはもちろんのこと、インプラント治療の前のカウンセリングなどで、ドクターにどのインプラントがおすすめかを確認しておくのも良いでしょう。

有名メーカーは治療・メンテナンスがしやすい

インプラント体は顎の骨に埋め込む部品や人工の歯を取り付ける土台、そして人工の歯と複数の部品からできています。もしも世界であまり普及していないメーカーのインプラント体を選んでしまうと、部品の種類や大きさが異なるせいで、うまくインプラント治療が進まない可能性もあります。

また、インプラント治療を終えた後の細かなメンテナンスや治療を行う際にも、普及しているインプラント体なら他のクリニックで診てもらうこともできます。引っ越し先や外出先で、やむを得なく治療したのとは別のクリニックに飛び込むこともあるでしょう。治療の際に有名なインプラントメーカーを選んでおくと、いろんな歯科医に見て貰うことができるのもメリットです。

ノーベルバイオケア社

1965年からインプラントメーカーとして活躍する、昔から知られている有名インプラントメーカーの1つです。

審美性の高いインプラント体

ノーベルバイオケア社の手掛けるインプラント体で最も特徴的なのは、見た目のナチュラルさや美しさ。通常はインプラント治療を行った後、歯が欠けた状態の見た目で過ごすことになりますが、ノーベルバイオケア社のインプラント体は治療を行ってすぐに人工歯を装着可能。治療して間もなく、見た目の美しい歯を取り戻した状態で過ごすことができる点が魅力です。

負荷が少なくリスクを抑える

インプラント治療を行う際は、顎の骨や歯肉、周りの歯に負荷をかけないことが重要です。負荷が大きいとインプラントが安定しないだけでなく、口の中で炎症や病気を起こすリスクが高まります。

高い適合性を持つノーベルバイオケア社のインプラント体は、肉眼で見えないレベルの不適合までなくし、品質が高く安全性に考慮された作りです。インプラント治療で考えられるリスクを最小限にまで減らせるように企業努力を欠かしません。

ストローマン社

ストローマンは50年以上もインプラント体の研究・開発を手掛けている有名なメーカーです。

科学的根拠に基づいたインプラント体

ストローマンはインプラント体の開発・研究を手掛ける際、科学的根拠(エビデンス)を重要視しています。科学的根拠に基づくデータと説明に基づき、歯科医と患者の双方が納得できるインプラント体を製造しているのです。

明確で分かりやすいデータに裏付けされたストローマンのインプラントは、511本の臨床実験で97%と高い成功率を証明しています。安全性・確実性の高いインプラント体により、インプラント手術を大きくサポートしているのです。

インプラント周囲炎のリスク低減

インプラント周囲炎とは、埋め込んだインプラントの周囲に炎症が起きる病気のこと。ストローマンでは、インプラント周囲炎のリスクを限りなく低減させたインプラント体の研究・開発を実現させています。

臨床試験によりストローマン製のインプラント体は、周囲炎を発生させる確率は約1.8%というデータを出しました。学術的に安全面に考慮されたインプラント体は、今多くの歯科医療現場で活躍しています。

シンマー社

ジンマー(ジーマーデンタル)社は、アメリカに拠点を持つインプラントメーカー。ヘルスケアのプロフェッショナルでもあります。

ヘルスケアの観点から歯科にアプローチ

ヘルスケアのリーディングカンパニーであるジンマー社は、身体全体の健康を考慮する視点からインプラント体の研究・開発を行っています。

歯科インプラント体を始め、歯科医療材料の製造や輸入も行っており、多角的な視点からのインプラント治療へのアプローチが特徴。ヘルスケアの一環として、インプラント治療の成功をサポートします。

骨と結合しやすいインプラント

ジンマー社の手掛けるインプラント体は、骨と結合しやすい点が最もよく知られている特徴です。ハイドロキアパタイトをコーティングした「HAインプラント」は、治療をスムーズで短気に終わらせます。

骨の大きさや骨密度がネックでインプラント治療が難しいとされるケースにも、よく用いられているインプラント体です。

アストラテック社

世界中で活躍している「ASTRAZENECAグループ」に属するインプラントメーカーで、世界各国でインプラントメーカーとして知られています。

シンプルで汎用性が高い

シンプルかつ汎用性が高いことで知られるアストラテック社のインプラント体は、今数多くの歯科クリニックで治療に活用されています。

デザインも機能もシンプルなため、多くのドクター・クリニックで治療を可能としています。治療後にクリニックを変えてもメンテナンスをして貰えるなど、気軽な活かし方ができます。

審美性が高くナチュラルな見た目

アストラテック製のインプラント体は、元からある歯と並んでも全く違和感を覚えないほど、ナチュラルに馴染む審美性で知られています。

インプラントを装着する部位別にぴったりの形態をしたインプラント体が用意されているため、少々治療が難しいとされるようなケースでも対応できるのが魅力の一つです。

なりさわ歯科
クリニック
1本あたりの金額
268,000円~
公式
サイト

tel:023-688-8217

青山
歯科医院
1本あたりの金額
300,000円~
公式
サイト

tel:023-612-0814

江良
歯科医院
1本あたりの金額
315,000円~
公式
サイト

tel:023-642-1184