すこやかインプラント生活【2020年山形版】 » インプラントとは?山形のみんなに知って欲しい歯とインプラントの基礎知識 » インプラント治療とメンテナンスについて

インプラント治療とメンテナンスについて

インプラントはメンテナンスが欠かせない

インプラント治療を行うにあたり、治療計画の立て方や手術そのものが注目されがちですが、同じくらい治療後のメンテナンスも重要な要素です。埋入手術をしたインプラントをできるだけ長く使い続けるためには、定期的なメンテナンスを繰り返してインプラントの調子を確かめ、クリーニングを行なってのクオリティ維持が大切です。

インプラントは骨に定着しやすいような設計になっていますが、すぐに定着するわけではありません。埋入手術をした直後は骨とインプラント体が馴染んでいないため、不安定な状況にあります。インプラントが骨とできるだけ早く馴染むため、術後のメンテナンスが大切です。

また、インプラント治療後のメンテナンスは治療したクリニックの保証が充実しているかという一面もあります。高い治療費を支払って手術するインプラントですから、メンテナンスで可能な限り寿命を延ばしましょう。

インプラント治療後のメンテナンスが必要な理由

インプラント治療の後にメンテナンスが必要な理由はいくつかあります。一つずつチェックしておきましょう。

インプラント周囲炎を防ぐため

インプラント治療を行った後に起きがちなトラブルの一つが「インプラント周囲炎」です。インプラントはあくまで人工物で天然の歯と違うもの。骨や周囲の歯、歯茎と埋入当初は馴染んでいない状態です。歯磨きで届かない箇所の汚れが蓄積されると、細菌が増殖して「インプラント周囲炎」を起こしてしまうのです。

インプラント周囲炎になってしまうと、周囲の歯茎が腫れたり出血を起こしたりする他、インプラント自体が劣化して取り除く必要が生じます。インプラント周囲炎は自覚しづらい症状でもあるため、定期的に歯科クリニックでメンテナンスを受けて、予防に努める必要があると覚えておきましょう。

インプラントの寿命を延ばすため

インプラントの寿命をどれだけ延ばせるかで重要なのは、手術後メンテナンスの丁寧さです。インプラントは治療した後、顎の骨との馴染み方や周囲の歯への影響などを細かくチェックする必要があります。インプラントが原因で咬み合せが悪くなったり、顎の骨への悪影響が起きたりといったトラブルにすぐ対応できません。

クリーニングや咬み合せのチェックを通して、インプラント自体が劣化していないか、何か解決すべきトラブルはないかを確認して、インプラントを「ほぼ一生使える歯」にさせられるのです。

口の中全体の健康を守るため

インプラント治療後のメンテナンスは、メンテナンスを通して口の中の健康を守るという目的もあるのです。歯科医が口腔内の状況を定期的にチェックすれば、治療したインプラントを含め、口腔内全体の健康状態を確認できます。必要によって治療をおすすめすることもあるでしょう。清潔に維持することで、インプラントを含める歯全体の健康を守るのもメンテナンスを行う理由といえます。

インプラントの保証にも関わります

多くの歯科クリニックでは、インプラント治療後の補償制度が設けられています。治療後のトラブルに無償で対応してくれるという内容のものがほとんどですが、補償を受けるのにはメンテナンスが必須というケースがあります。

保証の適用条件として「数か月に1度のメンテナンス」が設定されている場合は、メンテナンスを怠ってしまうと、トラブルが起きた際の治療費を保証してもらえなくなります。それだけメンテナンスをする必要があるということです。

インプラントの寿命を延ばすだけでなく、治療後の費用を節約するという面でも治療後のメンテナンスは欠かせません。

インプラントのメンテナンス方法

インプラントを長持ちさせるためにできるメンテナンス方法はいくつかありますが、基本として「家でできるメンテナンス」と「歯科クリニックでしかできないメンテナンス」に分類されます。

どちらかが欠けてもインプラントを長持ちさせることは難しいものです。家でしっかりインプラントのメンテナンスをして、定期的に歯科クリニックで細かいメンテナンスをして貰うのが、最も理想的なメンテナンスなのは間違いありません。

自分で行うインプラントのメンテナンス

自宅でできるインプラントのメンテナンス方法には、次のようなものがあります。

正しい歯磨き

歯磨きを正しく丁寧に行えることで、インプラントの寿命も延びます。汚れが蓄積されにくいほど雑菌の繁殖も防げるため、インプラント周囲炎のリスクを下げられるからです。歯周病や虫歯もインプラントの調子を悪くさせる一因ですが、歯磨きを丁寧に行なうことでリスクを下げられます。

鏡を見ながら正しく歯ブラシを使って、歯と歯のすき間にある汚れを取れるように歯磨きをするのは、重要なメンテナンスの一つ。歯間ブラシの使い方などもマスターすれば、インプラントが雑菌に侵されるのを防ぐこともできます。

口腔内の除菌

自宅でできるインプラントメンテナンスとして、専用のマウスピース「ドラッグリテーナー」も効果的です。ドラッグリテーナーと呼ばれるトレーに薬剤を注入し、歯に直接装着することで、口腔内をより確実に除菌します。歯科クリニックによってはドラッグリテーナーを用いたセルフメンテナンスを推奨されるケースもあるほどです。

歯医者さんで行うインプラントのメンテナンス

定期的に歯科クリニックで行われるインプラントのメンテナンスには、次のようなものがあります。

口の中や咬み合せのチェック

きちんと歯磨きができているか、インプラントや周囲の歯に雑菌が溜まっていないかなどを歯科医の目で直接チェックします。歯肉の腫れや炎症の他、噛み合せがズレていないかなどもこのとき確認します。

必要に応じてレントゲン撮影やブラッシングの指導を行うことも。患者自身が行っているメンテナンスが正しく出来ているかどうか、出来ていない場合はアドバイスを貰います。

歯科医師によるクリーニング

自宅の歯磨きでは落とし切れていない汚れがインプラントや周囲の歯には溜まっています。歯科医の手でクリーニングし、清潔な状態に保ちます。

もしも汚れがひどく付着している場合には、インプラントから人工歯を外してクリーニングをすることもあります。最新機器により、徹底的に歯石や歯垢を取り除いてインプラントの寿命を延ばします。

不具合や破損の調整

目視でチェックしたときにインプラントの不具合が見つかった場合は、細かな調整を行います。インプラント体と人工歯の連結や周囲の歯との咬み合せをチェックして、インプラントの人工歯を削ることも。

前述のレントゲン撮影を利用して、顎の骨やインプラントの周辺の状態を細かくチェックします。手術後の保証がある場合、これらのメンテナンス費用が無償になる場合もあります。

なりさわ歯科
クリニック
1本あたりの金額
268,000円~
公式
サイト

tel:023-688-8217

青山
歯科医院
1本あたりの金額
300,000円~
公式
サイト

tel:023-612-0814

江良
歯科医院
1本あたりの金額
315,000円~
公式
サイト

tel:023-642-1184