すこやかインプラント生活【2020年山形版】 » インプラントとは?山形のみんなに知って欲しい歯とインプラントの基礎知識 » インプラント治療で役立つデンタルローンについて

インプラント治療で役立つデンタルローンについて

デンタルローンについて

インプラント治療や歯科矯正治療など、治療内容によっては高額な費用が負担に感じる治療があります。治療を受けたいが、一括での支払いが難しい場合に使用したいのが「デンタルローン」という制度です。デンタルローンを利用すれば治療費がすぐに用意できない場合でも、月々に返済する形で高額治療が受けられます。

デンタルローンは、歯科治療を受ける際に利用できるローンです。インプラント治療や歯科矯正治療はもちろん、治療の付属品であるマウスピースやホワイトニング治療でも利用できます。治療を受ける歯科クリニックに相談すれば、デンタルローンを受けられるか確認可能です。

デンタルローンは様々な会社があります。会社によって店舗で申し込むこともあれば、インターネットバンキングを利用してネット上で申し込みが完結というケースも。また、デンタルローンを利用することでポイントが溜まるといった会社もあります。クリニックでの指定がなければ、どのデンタルローンを利用するかは自由です。審査結果によって、利用可能な金額が異なりますが、高額治療を受ける際の資金的なサポートとして優秀なサービスといえるでしょう。

デンタルローンのメリット

歯科治療でデンタルローンを利用する場合、次のようなメリットがあります。

高額治療でも気兼ねなく受けられる

歯科治療の内容によっては、想像していた以上に治療費が高くなってしまうケースも少なくありません。例えば、インプラント治療をする場合、インプラントの埋入手術の他に骨の手術や歯周病治療が必要になるケースもあります。

追加の治療によって治療費がかさんだ場合も、デンタルローンを利用すればスムーズに歯科治療が行えます。歯の悩みをすぐに解決したいと考えるのであれば、治療費を気にせずに治療を進められるのはかなりのメリットです。

手続きが簡単な場合が多い

デンタルローンを利用できる会社は数多くありますが、そのほとんどが簡単に手続きができるようにサポートされています。店舗まで来店する必要はなく、ネット上で申し込みと審査が終えられるため、必要になったときすぐにデンタルローンを利用できるケースがほとんどです。

また、担保・保証人が不要な場合もあるので、人に知られずに歯科治療を受けたいという場合もローンを受けやすいといえます。スピーディーな審査・融資を終えて歯科治療が受けられるのが、デンタルローンのメリットです。

歯科治療のほとんどに利用可能

デンタルローンは歯科治療のほぼ全てに利用することができます。デンタルローン会社である程度の幅はありますが、保険適用になる虫歯や歯周病治療の他、保険適用外になるインプラントやホワイトニングなど、審美的歯科治療にも利用可能です。

保険適用外の歯科治療は高額になりやすいため、デンタルローンの利用を検討する機会は悪くありません。マウスピースといった矯正器具についての費用も、デンタルローンで賄えます。支払いについて悩む方へは、治療を受けるサポートとなるのがデンタルローンのメリットといえます。

デンタルローンのデメリット

メリットが大きいデンタルローンですが、もちろんデメリットも存在します。

審査結果によっては利用金額が異なる

申込み手続きが簡単とは言え、デンタルローンを利用する際は審査が必須になります。デンタルローンの最大利用金額はローン会社にもよりますが、500万はあると考えて問題ありません。ただし、それは最大利用金額です。

審査の結果によっては、デンタルローンの利用可能金額は10万円程度になる可能性もあります。審査してみるまではデンタルローンで利用できる金額がわからない点が、デンタルローンのデメリットです。

会社によっては利用できる治療メニューが異なる

デンタルローンを行っている会社は複数ありますが、会社によってはデンタルローンを利用できる治療メニューに制限が設けられている点に注意が必要です。例えば、審美目的のホワイトニングへのローンが利用できる会社とできない会社があります。

会社によっては金利や利用可能金額も異なるため、デンタルローンを利用して歯科治療を行おうと考えているなら、利用するデンタルローンと受けたい歯科治療の内容を照らし合わせて検討しなくてはなりません。

個人事業主や法人代表者は手続きに時間がかかる

個人事業主や法人代表者がデンタルローンを利用する場合は、インターネットを利用したとしても申し込み手続きに時間がかかると考えて良いでしょう。年収確認書類などの提出が必要になるため、ネット上だけでは手続きが完結しないこともありえます。

また、会社勤めの場合でも申し込み内容の確認をするため、勤務先や自宅に電話チェックが入る際も。利用者の立場によって手続きの簡単さというメリットがなくなってしまうのが、デンタルローンのデメリットです。

デンタルローンと医療費控除

デンタルローンを利用して歯科治療を受けた場合でも、かかった歯科治療は医療費控除の対象になります。デンタルローンを利用した分で医療費控除を申請する場合は、ローン会社から送られてくる「支払計算書」が必要です。

デンタルローンはローン会社が歯科医に立て替え払いをした、という形式になります。デンタルローンを利用した年が、医療費控除を申請できる対象の年です。デンタルローンにかかった金利や手数料は医療費控除の対象にはなりませんが、デンタルローンで支払った治療費は全額医療費控除の対象にできます。

デンタルローンの審査の流れ

デンタルローンを利用する場合、まずは歯科クリニックとの相談からスタートとなります。歯科クリニックによってはデンタルローン会社と提携している場合もあるためです。

利用する会社が決まったら、インターネットなどを通じて申し込みフォームにクリニックの情報や個人情報を入力し、申し込みをします。早ければ5分~半日程度で審査が完了し、ローンを利用できます(個人事業主や法人代表者、その他審査内容に何か問題があった場合などは、追加で必要な情報を提出するために、審査に時間がかかることもあります)。

ローン契約が無事に完了したら、契約書や書類が郵送されてきます。必要に応じて契約書類を返送すれば、晴れてデンタルローンの利用が可能です。

なりさわ歯科
クリニック
1本あたりの金額
268,000円~
公式
サイト

tel:023-688-8217

青山
歯科医院
1本あたりの金額
300,000円~
公式
サイト

tel:023-612-0814

江良
歯科医院
1本あたりの金額
315,000円~
公式
サイト

tel:023-642-1184