すこやかインプラント生活【2020年山形版】 » インプラントとは?山形のみんなに知って欲しい歯とインプラントの基礎知識 » インプラント治療ができない理由について

インプラント治療ができない理由について

インプラントが受けられない理由:高血圧症

歯科クリニックからインプラント治療を断られる理由のひとつとして挙げられるのが高血圧症。高血圧症は一般的に血圧が140/90mHg以上の方のことを指します。

普段から血圧が高いため動脈硬化などの病気リスクが見受けられることも。これがどのようにインプラント治療を妨げてしまうのか、ご説明しましょう。

手術時に血管障害が起きるリスクが高まる

高血圧症の方はつねに血圧が高く、動脈硬化により血管が詰まりやすくなっているため、脳・心臓・臓器への合併症リスクがあります。

インプラント治療の際は、インプラント体を埋入するために外科手術が必要。もしも外科手術の最中に血圧症による合併症が発症してしまうと、身体のどの血管に障害が起きてどの臓器に重要なリスクを負ってしまうかわからなくなることがあります。

また、高血圧症の方がインプラント治療を行うと、歯茎の切開時などに出血が止まりにくくなる可能性も。血圧の急上昇で心臓に大きな負担がかかってしまい、脳出血などの命にかかわる病気を引き起こす可能性も考えられるでしょう。

高血圧を抱えてインプラント手術をすることは、命にかかわる重大なリスクを引き起こす。そのため高血圧の方がインプラント治療を断られてしまうのです。

血圧をコントロールする場合も注意が必要

高血圧症でインプラント治療を行おうとしているときは、治療中や治療前に血圧をコントロールすることでリスクを低減させてしまうことも。投薬治療などで血圧を普段から調整している場合、インプラント治療のリスクは確かに下がります。

ただし、インプラント治療時にも麻酔や鎮痛薬などの投薬治療を受けることもあるでしょう。高血圧症の薬とインプラント治療時の薬が組み合わさると高血圧の薬の効果が薄れてしまうこともあるため、主治医とよく相談することをおすすめします。

インプラントが受けられない理由:糖尿病

糖尿病は血糖値のコントロールが上手くできない病気。インプラント治療ができないと診断される理由の上位にあたります。では、なぜ糖尿病によってインプラント治療が受けられないのか、その理由を見てみましょう。

糖尿病は細菌感染のリスクを高める

糖尿病の方は血糖値の上昇をコントロールできないことから免疫が低いことが特徴。免疫が低いと言うことは、細菌への抵抗力が弱く感染しやすい状態にあります。

また、インプラント治療は手術の際、歯肉を切開するなど多くの細菌感染のリスクも考えられるでしょう。治療中や治療後に細菌感染してしまうと、インプラント手術の失敗リスクが高まることも。免疫が低い状態で治癒力も低くなるため、手術の後に細菌感染するケースも見られるのです。

インプラント体と骨が結合しにくい

抗生物質などで糖尿病の方でもインプラント治療ができるよう工夫がされています。しかし、糖尿病の場合に気をつけておきたいのが、埋入したインプラント体が骨と結合しにくいこと。インスリン注射などで血糖値コントロールをしていても、100%安全なインプラント治療ができるわけではありません。

インプラントが受けられない理由:歯周病

インプラント治療を受けようとしているタイミングですでに口内に歯周病がある方は、まず歯周病の治療を受けないとインプラントができない可能性があります。

インプラント周囲炎のリスクが高まる

インプラントの治療が成功したとしても、インプラントの周囲に歯周病菌があることでインプラント周囲炎が引き起こすことに。インプラント周囲炎になると炎症や痛みが起き、酷い場合はインプラント自体がダメになってしまいます。

歯周病がある状態でインプラント治療をすると、インプラント周囲炎のリスクを大きく高める可能性も。実際に、歯周病を患った状態でインプラント治療をした方たちはインプラントの残存率が低いというデータも報告されています。インプラント治療を成功させるためには、まずは歯周病の治療をすることが肝心なのです。

インプラントが受けられない理由:心臓病

心筋梗塞の経験・リスクがある方やペースメーカーを使っている方、心臓病を持っている方などはインプラント治療ができない可能性があります。

心疾患用の治療薬が理由で血が止まりにくい

動機や息切れといった心疾患の治療薬を使っている方は、血液を循環させるための治療薬を使用していることがほとんど。この治療薬の影響により、インプラント手術中に血が止まりにくくなってしまうことがあるためです。

止血がしづらいとインプラント治療は上手くいきませんし、何より患者本人の命にかかわります。心筋梗塞の経験がある患者も同様に、手術中に命にかかわる病気を併発するリスクがあるため、インプラント治療が断られがちです。

内科医と歯科医の連携が欠かせない

心臓病の方は狭心症や心筋梗塞など、命にかかわる重大な病気を引き起こすリスクを持っています。そのため、もしインプラント治療をしようと考えているなら、歯科医と心臓病を治療している内科医とで連携を取ることが必要でしょう。

内科医と連携を取りながら適切なインプラント治療のできる歯科クリニックは、決して多いとは言えません。そのため少しでも不安の残る環境だと判断された場合に、心臓病が理由でインプラント治療が断られることが多いのです。

インプラントが受けられない理由:骨粗しょう症

骨粗しょう症とは、骨の密度が少ない病気のこと。顎の骨に穴を開けてインプラント体を埋め込むインプラント手術では、抱えるリスクが見過ごせません。

治療薬で細菌感染するリスクがある

骨粗しょう症の治療薬としてよく使われている「ビスフォスネート製剤」の働きは、骨吸収を抑制すること。しかし、この働きは新しい骨や歯茎の生成を抑える作用もあるため、インプラント治療に影響を与えてしまいます。

治療薬の影響で骨吸収と骨形成のサイクルが普通とは違うため、インプラント治療で細菌感染のリスク。結果、インプラント治療が失敗する可能性や治療後にインプラント歯周炎のリスクが高まります。

インプラントが受けられない理由:貧血

貧血体質の方は、インプラント治療を断られる可能性があります。貧血はインプラント治療に次のような影響を及ぼすからです。

治癒力や免疫力を下げ、細菌感染しやすくなる

貧血状態ということは、身体に血液が足りていないということ。血液が不足すると身体の治癒力や免疫力が下がり、治療でつくった傷が治るのが遅れたり、細菌に感染しやすくなったりしてしまいます。貧血のままインプラント治療を行うと、術後にインプラント周囲炎のリスクも高まります。

血液検査でヘモグロビンの数値が低いと診断された場合や、持病で貧血が認められる場合は、インプラント治療が見送られる可能性があります。

なりさわ歯科
クリニック
1本あたりの金額
268,000円~
公式
サイト

tel:023-688-8217

青山
歯科医院
1本あたりの金額
300,000円~
公式
サイト

tel:023-612-0814

江良
歯科医院
1本あたりの金額
315,000円~
公式
サイト

tel:023-642-1184