すこやかインプラント生活【2020年山形版】 » インプラントとは?山形のみんなに知って欲しい歯とインプラントの基礎知識 » インプラントが難しい場合の骨移植について

インプラントが難しい場合の骨移植について

インプラントは顎の骨に穴をあけて行う外科手術。もしも顎の骨の状態がインプラント治療に適していないと判断された場合には、インプラント体を埋入する準備として骨移植治療を行わなくてはなりません。顎の骨の状態によって、骨移植治療の内容は複数種類に分けられます。

サイナスリフト法

サイナスリフトは、上の奥歯あたりの顎の骨に十分な高さが見られない場合に行われる骨移植治療です。

顎の骨の高さが数ミリしかない場合には、高さが不足しているためインプラント体を埋め込めません。治療用の骨充填剤を使用して、骨の高さを補う方法がサイナスリフト法(別名:上顎洞底拳上術/じょうがくどうていきょじょうじゅつ)とも呼ばれています。

上顎の骨が薄い状態のままインプラント体を埋入しようとしてしまうと、インプラントが突き抜けて鼻の穴と接してしまうことに。インプラントが突き抜けることによって感染症のリスクが高まります。

骨が著しく不足している人向け

サイナスリフトの治療方法が適しているのは、顎の骨の量が著しく不足していると診断される患者さん。上顎骨の内部には「上顎洞」という大きな空洞がありますが、歯を失った瞬間から歯槽骨が吸収され始め、やがて上顎洞も拡大していきます。

サイナスリフトでは上顎洞側壁の骨を削って小さな窓をつくり、そこから人工骨などを填入することで顎の骨の高さを取り戻していきます。

新しい設備・治療法なら患者への負担も少ない

従来のサイナスリフト治療では、歯肉を大きく切開したり骨をハンマーで叩いたりと、患者にかかる負担が大きな治療法ばかりが提案されていました。

しかし最近では、超音波医療機器などにより最低限の負担でサイナスリフト治療が可能。サイナスリフトの施術時間も、15分程度だったのが約5分程度にまで短縮されています。

ほかにも患者自身の血液を再生医療機器で活用することにより、より感染リスクの低い骨充填剤を用いてサイナスリフト治療をすることも可能です。

GBR法

GBR法とは「骨増生手術」のこと。骨の高さや厚みが不足している場合に、インプラント体を安全に埋入するだけの高さと厚みを補うために行われる治療方法です。

粉砕した自家骨や骨補てん材を利用することで、骨の再生を促進してインプラント治療の準備を行います。大体は4~6か月程度で歯槽骨の再生を促して、インプラント治療を安全に行える程度まで回復します。

GBRとインプラント埋入は同時に行える

GBR法とインプラントの埋入手術は、同時に行えるケースもあります。GBRで増やすべき骨がそんなに多くない場合なら、インプラントの埋入手術と並行してGBRを行うことも可能。

まずは「ここまで骨を再生したい」というところまでインプラントを埋入し、そのインプラントの周囲を自家骨や骨補てん材で覆うように設置します。

その上から歯肉弁を戻して縫合すれば、8~10か月程度で骨が再生されます。それから上部構造を作って被せる治療ができますし、スケジュール的にも効率の良いインプラント治療が可能です。

不足した骨が多ければGBRが先

不足した骨があまりに多い場合は、インプラント治療より先にGBR治療を行います。骨が増えたのを確認してからでないと、安全なインプラント治療が行えないからです。

まずは自家骨または骨補てん材で骨の再生を促して、6~10か月程度の間骨が再生されるのを待ちます。

骨が再生されたのを確認してから、インプラントの埋入手術に移ります。GBRとインプラント埋入を同時に行うよりも治療期間が長引きます。

ブロックグラフト法

インプラント埋入手術を行うための十分な骨の量がない場合、自分の骨を採取して移植し、骨の不足分を作るブロックグラフト法があります。自分の身体からブロック単位で骨を切り取り。その後、ブロックのままもしくは粉砕した状態で、骨の不足を補いたい場所へ移植します。

メリットは自分の骨を使えること

他の骨移植治療方法だと、インプラント治療が行えるまでに補う骨は人工の骨充填剤などを利用することがほとんどです。人工の補てん物だと感染のリスクや人の骨との親和性の有無によって様々なリスクを負うことも。

しかし自分の骨であればそういった心配がないため、患者にとって安心感のある治療を行えるでしょう。骨の薄くなった部分には、奥歯の後ろなどから骨を少し削り取ってきて、不足した箇所を補います。

手術の回数が増えて患者の負担も増える

ブロックグラフト法のデメリットと言えば、手術の回数が増えてしまうこと。骨移植をすべき部位の他にも、補てんするために骨を採取する際にも手術が必要になります。手術の回数と場所が増えることで、患者への負担も大きくなるのがブロックグラフト法の懸念点でしょう。

考えられるリスクは、骨を採取した箇所は手術後に腫れや痛みなど。抗生物質の処方や排膿治療など、必要な治療回数も増えてしまうのもデメリットのひとつです。

ソケットプリザベーション法

顎の骨が減ってしまう理由として、抜歯などで歯を失ったというケースも挙げられるでしょう。ソケットプリザベーション法は、歯を抜く際に骨を保存して再生を促し、骨が減るのを防ぐための治療方法です。

ソケットプリザベーション法によって後でインプラント治療を行いやすくなり、患者自身が負う負担が少なくてすむのが特徴です。

抜歯からインプラント治療の間に行われる方法

歯を抜いた後、歯が合った場所に穴が開いた形になることも。この状態で放置すると歯茎が陥没したような見た目になるでしょう。審美性が失われるだけでなく、骨が吸収されて顎の骨がどんどん少なくなってしまいます。

ソケットプリザベーション法は、それを抑えるために抜歯後すぐに行う治療。歯を抜いた穴に自分の顎の骨や大体骨を填入することにより、骨が再生されるのを促します。

GBRとの違いは抜歯後の期間の差

骨再生治療としてはGBRと似たような治療方法として語られることが多いですが、ソケットプリザベーション法との大きな違いは「抜歯後の時間経過」です。

抜歯してからすぐに行うのがソケットプリザベーションで、抜歯してから骨がすでに吸収されておりそれを再生するための治療がGBR。

後々のことを考えたら予防的なメリットが大きいソケットプリザベーションですが、抜歯時点ですでに骨が溶けている場合は理想的な量まで骨を再生できないこともあるため注意が必要です。

なりさわ歯科
クリニック
1本あたりの金額
268,000円~
公式
サイト

tel:023-688-8217

青山
歯科医院
1本あたりの金額
300,000円~
公式
サイト

tel:023-612-0814

江良
歯科医院
1本あたりの金額
315,000円~
公式
サイト

tel:023-642-1184